Tennis Camp 詳細 テニスキャンプ独自プログラムの図
テニスキャンプ実施内容
  • 杉山愛の写真
  • 杉山 愛 Ai Sugiyama

    4歳でラケットを握り、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝く。
    17歳でプロに転向し、34歳まで17年間のプロツアーを転戦。グランドスラムでは女子ダブルスで3度の優勝(2000年全米オープン/2003年全仏オー プン/2003年ウィンブルドン)と混合ダブルスでも優勝(2000年全米オープン)を経験し、グランドスラムのシングルス連続出場62回の世界記録を樹立。 オリンピックには4回連続(アトランタ、シドニー、アテネ、北京)出場。 WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位。 国際公式戦勝利数 シングルス492勝 ダブルス566勝。 WTAツアー シングルス優勝回数6回 ダブルス優勝回数38回。 公式戦通算試合数 1772試合(シングルスとダブルス)。2009年10月、東レパンパシフィックオープンを最後に現役を引退。
    2010年、第1回ユースオリンピックでは日本人で唯一「アスリートロールモデル」 に就任し世界中の若い選手に指導的役割を果たす。 情報番組のゲストコメンテイター、グランドスラムのスペシャルコメンテイター&解 説、クリニークのCBO(チーフ・ビューティー・オフィサー)就任など多方面で活躍。杉山愛ジュニア育成基金を立ち上げ、16歳以下の女子選手をサポートする『Road to GRAND SLAM』プロジェクトを始動させる。

  • 杉山芙沙子の写真
  • 杉山 芙沙子 Fusako Sugiyama

    スポーツ教育研究者・一般社団法人次世代スポーツ教育協会/代表理事・パーム・インターナショナル・テニス・アカデミー校長。
    聖心女子大学文学部心理学科卒業。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科(平田竹男研究室)修了。
    1998年茅ケ崎市にパーム・インターナショナル・テニス・アカデミーを設立。
    2001年より杉山愛をサポートするチーム「チーム愛」のディレクター兼コーチを務めた。
    2004年文科省スポーツ功労賞受賞。
    プロ選手、ジュニア選手の指導を行う傍ら、テニスという枠を超えて、 「スポーツ教育」、「可能性や才能を引き出す教育法」、「コーチング」、「アンガーマネジメント」、など、様々な観点での発言をしており、スポーツ指導 者、子どもを持つ親、幼稚園や保育園の先生のような子どもに関わる人々など幅広い分野から高い支持を受けている。 著書に『一流選手の親はどこが違うのか』(新潮新書)、『杉山式スポーツ子育て』(WAVE出版)などがある。

指導者 杉山愛(プロフィールを見る)、Team Aiスタッフ
指導内容 テニス実技指導、トレーニング等独自のカリキュラムによる「身体体力」「精神体力」「知的体力」「技術」など「人間力」向上を目的とするプログラム
日程 2泊3日
過去のテニスキャンプ風景

写真をクリックすると拡大写真がご覧にられます。